オークション > ヤフオク!トピックス > 暖房器具特集 > 賢く選んで電気代節約! オススメの暖房器具特集

賢く選んで電気代節約! オススメの暖房器具特集

石油ファンヒーターやエアコン、オイルヒーター、こたつなど、あらゆる暖房器具の電気代を徹底比較! それぞれのメリット・デメリットや人気のメーカーもご紹介します。コストやパワー、安全性といった特徴をチェックして、暖房器具選びの参考にしてみてください。

賢く選んで電気代節約! オススメの暖房器具特集

暖房器具の電気代と特徴を比較

寒い日は朝起きてすぐ暖房をつけ、ついついつけっぱなしで過ごしてしまいがち。気になるのは電気代や灯油代ですが、暖房器具の種類によって消費電力は異なります。また、暖房が付いて部屋が温まるまでのスピードや、暖房範囲も違います。代表的な暖房器具を比較してみましょう。

分類

消費電力

電気代

暖房範囲

暖房
スピード

エアコン

0.47kWh

13.5円

部屋全体

速い

セラミックヒーター

0.8kWh

23円

やや部分的

やや遅い

カーボンヒーター

0.5kWh

14.4円

部分的

速い

グラファイトヒーター

0.9kWh

25.9円

部分的

速い

ハロゲンヒーター

1.2kWh

34.5円

部分的

速い

こたつ

0.18kWh

5.2円

足元のみ

速い

電気毛布

0.31kWh

8.9円

足元など

普通

※いずれも1時間あたりの電気代です。

※電気単価は、「東京電力」1kW昼間価格31.64円・朝昼価格25.92円の平均値28.78円で計算しています。


上の表から消費電力や暖房範囲に大きな差があることがお分かりいただけると思います。部屋全体を暖めたいのか、脱衣所などせまい場所で短時間だけ使用したいのか、目的によってどの暖房器具を選べばいいのかが変わってきます。

ガス・石油を使う暖房器具のコスト

ガスや石油を使った暖房器具のコスト比較表です。ガスファンヒーターは石油ファンヒーターに比べてコストが低いですが、ガス栓がないところでは使用できないので注意が必要です。

分類

消費エネルギー

コスト

暖房範囲

暖房
スピード

使いやすさ

ガスファンヒーター

0.043m3

19円

部屋全体

やや遅い

簡単

石油ファンヒーター

0.3L

24.9円

やや部分的

やや遅い

簡単



暖房器具の特徴、メリット・デメリット

暖房器具を選ぶとき、ランニングコストや本体の価格は重要な要素ですが、それぞれの特徴を知り、使用目的に合った暖房器具を選ぶようにしましょう。

エアコンの特徴

消費電力の安さが魅力のエアコンですが、最大の特徴は部屋全体を暖められること! 局所的に体を温めたい場合には不向きですが、電気代を抑えて室内を暖めたい方にはエアコンがピッタリです。

【メリット】
・電気代が安い
・部屋全体を暖められる
・やけどや引火などの恐れがなく安全である

【デメリット】
・部屋の空気が乾燥する
・設置工事が必要で初期費用がかかる

ファンヒーター(ガス・石油)の特徴

部屋全体を暖かくしたい場合、部屋があまり広くなければファンヒーターが最適です。

【メリット】
・安全性が高い
・光を発しないためまぶしくない

【デメリット】
・消費電力が大きい
・広い部屋には不向き

オイルヒーターの特徴

機器本体が熱くならず安全性に優れているため、万が一幼い子供が触っても安心です。
じんわり、やわらかく部屋を暖めます。

【メリット】
・空気を汚さない
・部屋全体を暖められる
・子供にも安全
・騒音がない

【デメリット】
・消費電力が大きい
・部屋を暖めるのに時間を要する

ストーブ、カーボンヒーター、ハロゲンヒーター、パネルヒーターの特徴

キッチンや脱衣所で足元だけを温めたいなど、局所的に体を温めたい方にピッタリなのがストーブやカーボンヒーター、ハロゲンヒーター、パネルヒーターです。

【メリット】
・すぐに暖かくなる
・空気を汚さない
・設置工事が不要

【デメリット】
・エアコンに比べて消費電力が大きい
・やけどや引火などの恐れがある
・まぶしい

こたつの特徴

季節感や家族の団らんを楽しみながら、腰から下をやさしく暖めたい方には、昔ながらのこたつもオススメです。

【メリット】
・すぐに暖かくなる
・こたつ布団による密封効果で暖かさが持続する
・天板の上に物が置ける

【デメリット】
・下半身しか温められない
・やけどの恐れがある

電気毛布・電気ひざ掛けの特徴

エアコンや石油ファンヒーターなど他の暖房器具と併用して使うことで、さらなる暖房効果が期待できる優れものです。

【メリット】
・安全性が高い

【デメリット】
・飲食物をこぼしたときなどの清掃が面倒

家電のプロからのアドバイス

ビックアウトレット Yahoo!店

暖房器具の中でのオススメは「電気暖房機」です。火を使わないため安全で空気も汚れないのがメリットです。また、加湿器と組み合わせることで、体感温度が上がりますので、暖房の設定温度を控えめにしても快適に過ごせ、省エネにもつながります。
⇒加湿器をヤフオク!で探す


暖房器具は、使用目的に合ったものを選ぶことがなにより大切です。寒い冬を快適に過ごすためにも、これらを参考にしてライフスタイルに合った最適なものを選んでくださいね。
※記載の情報は2015年10月現在のものです。
▲このページのトップへ